ネットビジネスの種類とおすすめをご紹介!

今回は、これからネットビジネス始めビジネスに参入を検討されている方向けに、
数あるネットビジネスの中でもどのビジネスに参入するのがよいのかご紹介したいと思います。

インターネットビジネスとは?

インターネットビジネスとは? 成功率の定義も解説

まず、インターネットビジネスとはどういうものか? また、この記事で扱っている「成功率ランキング」をどのようにして決めたのか?について解説します。

インターネットビジネスとは?

インターネットビジネスとは、「パソコンやスマートフォンを使い、インターネット上にあるサイトを活用してお金を稼ぐこと」と言えます。「ネットビジネス」や「オンラインビジネス」という言葉も同じ意味ですね。

なお、「FX」はビジネスではなく投資です。しかし、インターネットビジネスを考えている人が選択肢によく入れるモノなので、ランキングに加えました。

インターネットビジネスの成功率はこう考える

では、インターネットビジネスの成功率はどのように考えればよいのでしょうか? この記事では、

  • パソコンやスマートフォンが使える人
  • 日本語が不自由なく読み書きできる人

がインターネットビジネスをはじめるケースを仮定しました。

ランキングを見ていくとわかりますが「専門的なスキル」や「専門的な知識」を持っていない方が取り組むケースを想定して、順位づけをしています。また、この記事を読んだとき、実際に取り組むことをイメージしやすいように、それぞれのインターネットビジネスに対して、

  • 仕組みのカンタンさ
  • 専門的なスキル不要度
  • 専門的な知識不要度

といった項目について「☆」の数1つ〜5つで評価しました。☆が多いほど、取り組みやすいという意味になります。

ネットでは世界中から発信されたいろいろな種類の情報が飛び交っています。それらにはニュースから商品のレビュー、個人的な日記に至るまでさまざまなものがあります。ネットビジネスはそのようなインターネットの特徴、メリットを生かしてお金を儲けるビジネスです。それにはいくつか種類があります。

例えば、ホームページに貼ってある商品に関する広告はアフィリエイト広告と呼ばれ、あなたがそのサイト経由で購入すればサイト運営者に利益の一部が支払われる仕組みになっています。また、あなたが知りたい情報を毎日届けてくれるメールマガジンもネットビジネスの1つの種類と言えます。これら2つは情報発信を利用したビジネスだと言えますが、さらにネットのグローバルな特徴を活用した例として、輸入転売ビジネスがあげられます。これは、海外で売られているさまざまな種類の商品を安く買い取って、国内で高く売るというシンプルながらすぐれたビジネスモデルです。

では、どのようなネットビジネスがあるか、代表的なもの5種類を紹介します。

ネットビジネスの種類

①アフィリエイト

自分のホームページやブログに商品やサービスの広告を掲載して、ユーザーがその広告を経由して購入した場合、報酬として売り上げの一部が支払われるというものです。クリックされるだけでも報酬が発生する種類のものもあります。初期費用はほとんどかからず、ネット環境があればいつでも取り組むことができますが、本格的に収入を得るにはホームページの作り込みやアクセス数を増やすといった種類の作業を地道におこなう必要があります。そのため、ネットビジネスに興味を持った人ばかりの人が始めるケースが多いですが、挫折しやすくもあります。やるのであれば、ほかの4種類と比較してからでも遅くはないでしょう。

②情報商材

自分の経験や知識をPDFなどの電子文書にして販売するというものです。ネットビジネス、投資、恋愛などといった種類のノウハウを扱う情報商材が主流と言えます。自分の知識やノウハウに自信のある人、また書籍を出版したいと思っている人はぜひ挑戦したいネットビジネスでしょう。しかし、商材が完成したところで、買ってくれるユーザーがいないと意味がありません。そのため、集客やマーケティングを重点的におこなう必要があります。興味があるならば、無料で読むことができるものもあるので、気になる種類の商材を探してみましょう。

③メールマガジン

自分の知識や得た情報をメールという形で読者に発信し、購読料を得るというものです。人気が出るまではメルマガ購読料を払ってくれる読者はまずいないので、メルマガ内に広告を掲載することで収入を得ることになります。ほとんどの場合がアフィリエイト広告を載せることになるのでアフィリエイトの1つの種類と言えます。メルマガは一度書けば、大多数の人にリアルタイムで情報を発信できるため、他の種類のネットビジネスに比べるとある程度読者を得ることで、安定した収入は得られます。しかし、発行人の個人情報をメルマガに掲載しなくてはならないため、サラリーマンの方などが副業ではじめるにはハードルが高いでしょう。

④アプリ開発

スマートフォン・iPhoneのアプリを開発し、販売するというものです。スマートフォンの普及にともない市場が拡大したため、ほかのアプリとの差別化をすれば一気にダウンロード数を稼げるため、収入を得やすい種類のネットビジネスと言えますが、PHPやHTML、CSS、javascriptなどといった専門的なスキルが必要なため、初心者は参入しづらいでしょう。ほかの種類のネットビジネスでもネットに関する知識やスキルはある程度必要ですが、アプリ開発は本格的な学習を行う必要があるので、時間があるならば挑戦したいところです。

⑤輸入転売

海外から安く商品を買い、国内で利益が出るように販売するというものです。主にオークションを利用して商品を仕入れ、販売をします。さまざまな種類の商品から、利益の出るものを見極めるのは大変ですが、安く仕入れ、高く売るという基本を忠実に守っていれば利益を出し続けることができます。売れればすぐに収入となる点も魅力的なビジネスです。また、オークションを利用しているため、他の種類のネットビジネスと比べると集客は楽にすることができます。

まとめ

いかかだったでしょうか?

ネットビジネスで代表的なもの5種類をあげましたが、何となくイメージできたと思います。しかし、ネットビジネスをはじめるにあたって初心者がつまずく大きな理由は、目に見える利益がでないことです。

そこで、5種類の中でも即金性にすぐれる輸入転売に挑戦することをおすすめします。集客に関しても、輸入転売であれば大手オークションサイトを利用するため、簡単に売ることができます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネットビジネス初心者が初期費用無しで初月で稼ぐ方法はあるのか?

ツイッターでインフルエンサーになろう!ブランディング編第1章

トレンド記事の書き方について紹介!ネタの選び方は?