定型文を自動挿入!Bottom of Every Post

WordPressでブログ記事を投稿していると、記事の下に定型文(サイト運営者情報など)を入れたくなった経験をした方はいるのではないでしょうか。

サイト運営者情報の他にもオススメ書籍であったりオススメ記事であったりと、ブログ記事に毎回記述するのでは手間がかかってしまいます。

そんな記事の下に定型文を挿入するプラグインを今回の記事では紹介していきます。

 

その名も『Bottom of Every Post』です。

このプラグインではインストールをし、設定をするだけで何もせずとも設定した定型文を毎回記事の下に自動で挿入してくれるものです。

それではまず導入方法から紹介していきましょう。

 

 

Bottom of Every Postの導入方法

ではまず最初に導入方法についてです。

WordPressのダッシュボードから「プラグイン」の「新規追加」を選択します。

 

プラグイン追加画面に切り替わりましたら、検索窓に『Bottom of Every Post』と入力します。

『Bottom of Every Post』が出てきた方はそれを「今すぐインストール」をしてください。

 

しかし検索窓に『Bottom of Every Post』と入れても上位に目的のプラグインは表示されない場合が多いようです。

そんな場合には、下の方法を試してください。

 

 

プラグイン新規追加で「Bottom of Every Post」と入力しても出てこない場合

プラグイン新規追加で検索バーに『Bottom of Every Post』と入力して出てきた方はこの見出し部分は飛ばしてもらって結構です。

ここでは検索しても出てこない場合の対処法となります。

 

出てこない方はお使いのWebブラウザーで『Bottom of Every Post』と検索してください。

 

そこに『Bottom of Every Post』と入力して検索すると、一番上にWordPressプラグインの『Bottom of Every Post』がヒットします。

 

こちらをクリックしてページを表示させましょう。

 

このページが表示されましたら、画面右上にある「Download」をクリックをし、zipファイルをダウンロードします。

 

zipファイルをダウンロードできましたら、解凍せずに先ほどのプラグイン新規追加画面に移動してください。

プラグイン新規追加画面の上の方にある「プラグインのアップロード」を選択します。

 

プラグインのアップロード」を選択しましたら、先ほどダウンロードしたzipファイルをドラッグ&ドロップ、または「ファイルの選択」をクリックして先ほどのzipファイルを選択します。

それが完了したら「今すぐインストール」をクリックしましょう。

 

インストールが完了しましたら、「プラグインの有効化」をクリックします。

これで『Bottom of Every Post』のインストールから有効化までの説明を終わります。

次からは『Bottom of Every Post』の設定方法について紹介していきます。

インストールが完了しましたら、先ほどダウンロードしたzipファイルはもう使いませんので削除しておきましょう

 

 

Bottom of Every Postの設定方法

インストールと有効化が終わりましたので、次は『Bottom of Every Post』の設定方法を紹介していきます。

WordPressダッシュボードの「プラグイン」の「インストール済みプラグイン」を選択します。

plug_kanri

 

インストール済みプラグインの一覧が表示されましたら、先ほど有効化した「Bottom of Every Post」の「編集」をクリックします。

普段はプラグインの「編集」はなるべくしない方が良いのですが、今回紹介している『Bottom of Every Post』ではプラグインの編集をしないと定型文を作ることができないので、「編集」をクリックしちゃってください。

 

画面が切り替わりましたら、画面右部分にある「bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.txt」をクリックしましょう。

.php」ではなく「.txt」ですので注意してください。

画面が移動しましたら、元から書かれている「Thanks for…」の文章を全て消してしまいましょう。

消しましたら、このファイルに記事の下に表示したい定型文をHTML形式で記述します。

HTML形式とは?

さて、定型文はHTML形式で記述をしなければならないのですが、そもそも「HTMLとはなんだ?」と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

HTMLとはブログ記事もそうですが、WEBブラウザーで表示するための形式です。

普段のブログ投稿では文字をタイプして、画像を挿入してといった形で文章を構成していきますが、実はWordPressが勝手に打ち込んふだ文章をHTMLに書き換えてくれているのです。

 

これを確認するために、記事投稿画面で何か文章を適当に打ち込み、「テキスト」をクリックしてみてください。

するとこのような画面に切り替わります。

この「テキスト」をクリックして表示される文章がWordPressが自動で書き換えてくれたHTML形式となっています。

そのため、「HTMLの書き方がわからない!」という人は、WordPressの記事投稿ページで文章を打ち、定型文が完成したらそれを「テキスト」をクリックしてHTML形式のものをコピーしてから、先ほど編集した『bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.txt』にペーストすると良いでしょう。

 

定型文が完成したら、「ファイルの更新」をクリックして設定は終了です。

過去の記事の下に定型文が表示されているはずなので、確認してみてください。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はプラグインの『Bottom of Every Post』の導入方法から定型文の書き方まで紹介していきました。

定型文をカスタマイズしてオススメ書籍や関連記事などを記事下に表示することで、ブログ運営やアフィリエイトに役立ててくださいね。

 

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Contact Form 7の使い方、設定方法を徹底解説!

WP Copyright Protectionの使い方!メリット、デメリットも

wordpress3

Google XML Sitemapsの使い方・設定方法を徹底解説!

noself3

No Self Pingsプラグインの使い方!セルフピンバックとは?

Post Expiratorで記事を期間限定公開に出来る!使い方は?

初心者がWordPressで稼ぐためのブログ作りを徹底解説。