表示速度を上げるためのプラグイン!W3 Total Cache

WordPressでサイトを運営してアクセスが増えてくると、どうしてもサイトの表示速度は低下してしまいます。

表示速度が低下してしまうことで、サイト閲覧者に不快な思いをさせることによって結果的にアクセスの伸びにブレーキがかかってしまうことも考えられます。

サイト運営者としては閲覧者を満足できるコンテンツを提供するべきですが、その際のサイト表示速度も視野に入れておく必要があります。

 

「表示速度を上げるためにはどうしたらいいの?」

「プログラミングとかの高度な知識はないけど表示速度を上げることはできる?」

こんな疑問をもっている方もいるかもしれませんが、今回はWordPressのプラグインでサイトの表示速度を上げるものを紹介します。

その名前も、『W3 Total Cache』です。

 

表示速度というと、一見技術者による高速化が必要のように思えますが、このプラグインを使うことによってサイトの表示速度の高速化のためのキャッシュやサーバーの設定を容易に行えるようになります。

プラグインを使うことによってサイト表示速度を上げることができるのです。

 

今回のこの記事では、サイト表示速度を上げるプラグインの『W3 Total Cache』の導入方法や、設定の仕方などを紹介していきます。

 

 

W3 Total Cacheの導入方法

ではまず初めに『W3 Total Cache』の導入方法から紹介します。

いつも通りサイト管理画面のダッシューボードから、「プラグイン」の「新規追加」を選択します。

プラグインの追加画面が開きましたら、プラグインの検索窓に「W3 Total Cache」と入力してください。

 

W3 Total Cache

するとこのような検索結果になるはずですから、『W3 Total Cache』を「今すぐインストール」を選択し「有効化」をクリックします。

 

これで『W3 Total Cache』の導入方法は終わります。

 

 

W3 Total Cacheの設定方法

次に設定方法を紹介していきます。

『W3 Total Cache』をインストールしたら、WordPressの管理画面のダッシュボードに「Performance」という項目が追加されます。

その中の「General Settings」をクリックしましょう。

gene

 

するとこのような全体の管理画面に移動します。

gene

それではこの設定の項目について一つ一つ紹介していきます。

 

General

この項目では、『W3 Total Cache』の作成者が推奨する設定にするかどうか選択することができる。

他の項目の設定が不要になるので便利ですが、有料版のサービスも有効化されてしまったり、自分にとって不要な気泡が含まれてしまったりということが発生するため、今回はチェックを外しておきましょう。

 

Page Cache

これはサイトの表示速度の高速化するのに必須の項目です。

キャッシュについて軽く説明しておくと、同じページを何度か見るときに、最初に訪れた際にページの画像や文章などを保存しておいて、再度そのページに訪れたときに保存内容を用いてサイトを高速表示させるための機能です。

そのため、画像が多く使われているページなどでは基本的にロードが長くなってしまいますが、再度そのページに訪れたときはすぐにロードが終わります。

 

さて、キャッシュについて軽く触れたところで、この「Page Cache」の項目はサイト閲覧者にページキャッシュを行うための項目なので、チェックボックスにチェックを入れておきましょう。

 

Page Cache Method」の項目ですが、こちらでは「Disk:Basic(php)」か「Disk:Enhanced(html)」か選ぶことができます。

これはページをキャッシュするサーバを選択する項目です。

 

WordPressではHTML形式でサイトを表示しているため、「Disk:Enhanced」を選択しておきましょう。

 

Minify

ここではWebページのソースを最適化するための項目です。

最適化とは、その名の通り「したかたちにする」ことであり、ソースコードをコンピュータが読みやすいものにすることで、結果的に表示速度を向上させるということです。

 

このソースコードの最適化は、他にもっと優れたプラグインが存在するため、今回は利用しません。

また、このプラグインでのソースコードの最適化は、不具合を生じさせてしまう原因にもなるので、今回はチェックボックスを空欄のままにしておきましょう。

 

Database Cache

ここの項目は、データベースのキャッシュをするかどうかを設定するができます。

データベースキャッシュとは、WordPressでサイトを運営している人が記事を投稿したり、ページを作成するときの表示速度や動作を高速化するためのものです。

Database Cache:」のチェックボックスにチェックを入れ、下の「Database Cache Method:」の項目は「Disk」にしておきましょう。

 

Object Cashe

次にオブジェクトキャッシュについてです。

これはWordPressがもつ独自の機能です。

データをメモリ上に保存するという機能をもちます。

データをメモリ上に保存することで、データベースになんども接続をしないことで表示速度の向上を図ります。

 

しかし同じページをなんども読むユーザーはあまりいないと考えられます。

またこれにチェックを入れることでモバイル端末によっては表示に不具合が出てしまうこともあるため、今回はチェックボックスは空欄のままにしておきましょう。

 

Browser Cache

次にブラウザキャッシュについてです。

ブラウザキャッシュはサイトのリソース(css、JS、画像、フォントなど)をブラウザにキャッシュしておくことで、2解明公にそのブラウザキャッシュを読み込むことで高速化を図ります。

しかしブラウザキャッシュはサーバーの転送量の削減などには有効ですが、サーバーのCPU負荷の軽減対策にはならないので注意が必要となってきます。

 

基本的にブラウザキャッシュの設定を行っていない場合、こちらの設定で済ませておいたほうがいいでしょう。

チェックボックスにチェックを入れることをオススメします。

 

 

他にもいくつか設定項目がありますが、高度な設定かつデフォルトのままでもうまく最適化を行ってくれるため、設定の説明は以上で終わります。

ここまでの項目でチェックボックスなどに変更を加えていた場合は、最後に「Save All Settings」を洗濯して保存をしておきましょう。

 

 

 

 

キャッシュのクリアについて

さて、上記の設定でキャッシュを残すことで、ページの表示速度の向上を図ることができました。

しかしキャッシュを残すことでそのキャッシュを保存しておくため、古いデータなどがたくさんこのっている場合はかえって表示速度が落ちてしまう可能性が出てしまいます。

表示速度を落とさないためにも、古いキャッシュファイルは定期的に削除しておくことが必要となってきます。

 

キャッシュのクリアを行う場合は、プラグインの管理画面の上の方に表示される「empty all cashes」をクリックしましょう。

定期的に削除をする以外にも、サイトのデザインを大きく変えた時には古いキャッシュが意味のないものになりますので、そういった時にもキャッシュをクリアするようにしましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか。

キャッシュの仕組みからWordPressのプラグイン『W3 Total Cache』を使うことでサイト表示の高速化の図り方についてまで紹介していきました。

今回はキャッシュについてのプラグインを紹介しましたが、他にもWordPressでブログを運営していくには必須なプラグインをいくつか紹介しています。

気になる方は、当サイトのカテゴリー「WordPress」から色々閲覧してみてくださいね。

 

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Yoast SEOはRSS Footerの完全上位互換!記事の盗作を防ぐプラグイ...

image

ブログのタイトル設定方法まとめ!SEO上位表示させるには

定型文を自動挿入!Bottom of Every Post

image

301リダイレクトとは?設定方法は?プラグインや意味をご紹介

NO IMAGE

AdSense Plugin WP QUADSでアドセンスの挿入をラクに!

wordpress-plugin

WordPressに入れておきたい!おすすめプラグインをレベル・系統別で紹介