超便利プラグインAddQuicktagを徹底解説!TinyMCE Advancedとの使い分けも

 

WordPressで記事の執筆等をする際、やはり大切になってくるのが「効率」

 

作業効率を良くすることで、良質な記事をたくさん書いていきたいものです。

 

よく使うコードや文章を、その都度入力したりコピー&ペーストしたりしていては非常に面倒くさいことになりますし、当然作業効率も悪くなります。

 

そんなときに便利なプラグインが、「AddQuicktag」です!

 

HTMLコードをいちいち入力せず、ボタン一つで簡単に設定できるようになります。

 

AddQuicktagの導入方法

 

AddQuicktagプラグインのインストール方法は、通常通り管理画面左にあるメニューバーから行います。

 

「プラグイン」から「新規追加」を選択します。

 

 

「プラグインの検索」と書かれた検索窓に“AddQuicktag”と入力すると先頭にプラグインが表示されます。

 

 

表示されたら「今すぐインストール」をクリックし、インストールが終了したら「有効化」ボタンも押して有効化しましょう。

 

 

AddQuicktagの設定方法

 

AddQuicktagでは、自分がよく使う文章またはコードを、ボタン一つで呼び出せるようにする優秀なショートカットツールです。

 

使用するためには、最初に自分がよく使う文章/コードをボタン化する設定が必要です。

 

まずは管理画面左メニューバーにある「設定」から、「AddQuicktag」を選択します。

 

 

表示されているのは、クイックタグの編集画面です。

 

 

この画面で自分好みのタグを作っていきます。

 

 

ここで一つポイントです。

 

よく他サイトでは「見出し」や「背景色」の設定などにこのAddQuicktagを使用していますが、正直なところ「見出し」「背景色」の設定であれば別のプラグイン「TinyMCE Advanced」を使った方が格段に楽です。

 

というのも、ドラッグ&ドロップで何一つ入力せずに使えるタグを導入できてしまうからです。

 

加えて、AddQuicktagは初期設定の際コード等の入力が必要になる場面があるので初心者にはちょっと不向きです。

「1秒でも早く時間を縮めたい!」という方でなければ、MicrosoftのWordとほぼ同じように編集できる「TinyMCE Advanced」が使いやすいでしょう。

 

「TinyMCE Advanced」の特徴・メリットや導入法をまとめた記事がありますので、こちらもご覧ください。

 

Tiny6
こんにちは。 WordPressは記事を作成する際に非常に便利なツールの一つですね。 フォーマットが簡潔明解なので初心者にも...

 

AddQuicktagは、「TinyMCE Advanced」に無いタグを作成する補助的なプラグインとして使った方がより良いでしょう。

 

とはいっても、AddQuicktagにはTinyMCE Advancedにはない強みがあります。

 

AddQuicktagの強みは、TinyMCE Advancedに内蔵されていない、自分独自の文章/コードをタグ化したい場合に発揮されます。

 

例えば、記事の冒頭で「皆さんこんにちは!〇〇です。」といった定型文を毎回打つのが面倒な場合、AddQuicktagを利用すると便利です。

 

 

設定画面の各項目を説明していきます。

 

まずは赤枠内の設定項目についてです。

 

 

  • タグの名前を決める

 

「ボタン名」は、文字通り作成するタグの名前を決めます。

今回は冒頭文ですので、ボタン名に「冒頭文」と入力します。

 

 

  • ダッシュアイコンの選択

 

ダッシュアイコンは、アイコンを付けてより分かりやすくしたい場合に付けます。つけなくても全く問題ないので、お好みで選択しましょう。

 

  • ラベル名の入力

 

ラベル名とは、マウスをタグの上に重ねた(マウスオーバーした)ときに表示されるものです。

これも設定する必要はあまりありませんが、設定しておくとより良いでしょう。

 

 

次に黄枠の設定です。

 

 

ここでは、実際にタグボタンを押した際に本文に入力される内容を決めます。

本来であればここに</h2>などといったコードを入力して使いますが、今回は冒頭文を入れたいので、開始タグの部分に「皆さんこんにちは!〇〇です。」と入力します。

 

終了タグには何も入力しなくて大丈夫です。

 

 

最後に、青枠内の設定です。

 

 

ここではタグをどの画面で表示するかを選択する項目です。

何か問題がない限りはすべての画面で表示されるようにしておきましょう。

 

一番右のチェックマークの部分にチェックを入れればすべてにチェックマークが入ります。

 

 

以上でタグの作成は完了です。「変更を保存」をクリックしましょう。

 

最後に出来栄えを確認します。

 

 

記事作成画面に、「Quicktags」と書かれたボタンがあります。

これをドロップダウンすると登録している自分のクイックタグが表示されます。

 

 

今回作った「冒頭文」をクリックします。

 

 

このように、ボタン一つで冒頭文が入力されました。

 

 

まとめ

 

今回はAddQuicktagについてご紹介をしてきました。

基本的なタグはTineMCE Advancedで対応し、独自で使用したいタグはAddQuicktagを利用するなど使い分けることで、総合的に効率の良い記事作成が可能になります。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

EWWW Image Optimizerの使い方・設定方法!【2017~2018...

wordpress3

Google XML Sitemapsの使い方・設定方法を徹底解説!

image

ドメインのおすすめの種類は?選び方をご紹介

WordPressで目次を作るプラグイン!Table of Contents P...

brBrbrは2017年版WordPressに不適?スマホで改行されない?

RealFaviconGeneratorを使ってWordPressのサイトにファ...