AdSense Plugin WP QUADSでアドセンスの挿入をラクに!

 

Googleアドセンスコードをそのまま貼り付けているのは、少々面倒くさいですよね。

そんな悩みを解決してくれる便利なプラグインが「AdSense Plugin WP QUADS」です。

 

AdSense Plugin WP QUADSは、QuickAdsenseというプラグインが改良されてできた新しいプラグインです。

 

AdSense Plugin WP QUADSの特徴

 

AdSense Plugin WP QUADSができることは、

  • アフィリエイトコードをWebページ上の様々なところに自動挿入
  • アフィリエイトコードを一元管理できる

という2点です。

 

1点目の「様々なところ」というのがポイントで、「記事の上部」「記事の下部」「記事の中央」「サイドバー」など、ほぼ自由に設定できます。

なおかつ自動で動作するので、とても便利なプラグインとなっています。

 

AdSense Plugin WP QUADSの導入方法

 

AdSense Plugin WP QUADSのインストールは、管理画面左のメニューバーから行います。

 

「プラグイン」から「新規追加」を選択します。

 

「プラグインの検索」とある検索窓に“AdSense Plugin WP QUADS”と入力すると、プラグインが表示されるので「今すぐインストール」をクリックします。

 

インストール完了後「有効化」も忘れないようにしましょう。

AdSense Plugin WP QUADSの設定

 

AdSense Plugin WP QUADSには、より高機能なバージョンであるWP QUADS PROというモデルがあります。

しかし、AdSense Plugin WP QUADSは通常盤でも十分なプラグインなのでアップグレードする必要はありません。

 

インストールに成功すると、管理画面左のメニューバーに「WP QUADS」という新しい項目が追加されているのでこれをクリックします。

 

 

すると各種設定画面が表示されます。

 

 

アドセンスコード設定

「ADSENSE CODE」をクリックすると、Ad1~Ad10までのアドセンスコード編集画面が表示されます。

 

 

今回は例として、Ad1にアドセンスコードを設定します。

 

Ad1をクリックすると詳細画面が表示されます。

 

 

赤枠内では「Plain Text/HTML/JS」を選択しましょう。

これを選択するとスポンサードリンクも含めることができ便利です。

 

黄枠内には、広告コードを貼り付けます。

 

青枠内「Layout」では、アドセンスの位置を「左寄せ」「中央」「右寄せ」のどれにするかと、「余白」を決定します。

 

一般設定・自動配置設定

「GENERAL&POSITION」を選択すると、1ページあたりのアドセンス数設定やアドセンスの自動配置設定など様々な設定が表示されます。

①1ページあたりのアドセンス数設定

「Limit Amount of ads」のドロップダウンメニューでは、一ページ当たりに設けるアドセンス数の制限を設定します。

2016年ごろから、Googleアドセンスの設定数上限が撤廃されています。

そのため、基本的には「Unlimited」を選択しておくと良いでしょう。

 

 

ただし、どちらにせよ記事の内容に対してあまりに広告が多すぎると広告が無効にされてしまうので、いくら無制限でも常識の範囲内で設定しましょう。

 

②アドセンスの自動配置設定

「Position‐Default Ads」の項目では、記事ごとに自動でアドセンスを入れる「場所」を選択します。

上から順に、

  • Beginning of Post=記事の一番上
  • Middle of Post=記事の真ん中
  • End of Post=記事の一番下
  • right after the<!–more–>tag=<続きを読む>タグのすぐ後ろ
  • right before the last Paragraph=最後の段落の前

です。

 

この下にある

  • After Paragraph/After Image

は、横のドロップダウンメニューで指定した段落/画像のすぐ後に広告を設定する項目です。

同じものが3つあるので、段落/画像ごとに広告を設定したい場合は一つの記事で3つまで設定できます。

 

広告の割り当て方法はどの設定を選んでも同じですので、今回は例として

  • End of Post=記事の一番下

を利用してみたいと思います。

 

まず「End of Post」の項目にチェックを入れます。

 

するとドロップダウンメニューが有効になります。

 

 

アドセンスを複数登録していて、その中で「Ads1だけを表示させたい!」という場合はドロップダウンメニューから「Ads1」を選択しましょう。

複数選択していて、「どれが表示されても構わない」という場合は「Random Ads」のままでOKです。

 

③アドセンスの表示設定

「Visibility」の項目では、アドセンスをホームページ等の固定ページに表示するかどうかを設定します。

 

 

順に、

  • Homepage=ホームページ
  • Categories=カテゴリーページ
  • Archives=記事ページ
  • Tags=タグページ

となっています。

基本的にはすべてにチェックを入れておきましょう。

 

下の二つ

  • Hide Ad Widgets on Homepage=ホームページにはアドセンスのウィジェットを配置しない
  • Hide Ads when user is logged in.=管理者がログインしているときは広告を表示しない

 

はお好みで設定しましょう。

 

④クイックタグ表示設定

「Quicktags」では、記事編集画面にアドセンスのクイックタグを表示するかどうかを選択します。

 

 

「ADSENSE CODE」の項目で設定したタグを、自動ではなく手動で記事に入れたい方はここにチェックを入れておきましょう。

 

以上で設定は終了です。

まとめ

 

このプラグインを導入すると、プラグインの挿入が飛躍的に楽になります。

自動設定を使わない、使いたくないという方でもタグを記事投稿画面に配置できるので手動で挿入する際も快適です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WP Multibyte PatchでWordpressの不具合を解消!

BackWPupの使い方、設定方法!バックアップはブログの生命線!

Broken Link CheckerでWordpressのリンク切れをチェック...

Speech Bubbleで記事に遊び心!?記事をLINE風会話形式に出来る

wordpress3

Google XML Sitemapsの使い方・設定方法を徹底解説!

WordPressで目次を作るプラグイン!Table of Contents P...