アフィリエイトは2018年も稼げる?経験者が具体的に説明してみた

こんにちは。統合失調症起業のまさです。

2017年12月はサイトアフィリエイトの構築に注力していたので投稿が滞りました。

新年も迎え、今年こそはより大きなお金を稼ぎたいという気持ちです。

現在私は2014年12月からビジネスに参入し、試行錯誤を経て今のメンターに出会い、

今では月々安定収入10万円を稼いでいます。

何もせずに月10万はまあまあおいしいですが、

何もしなかった場合必要最低限の生活しかできないので、もっと桁を増やすために今も頑張っています。

私はそのような近況ですが、

2018年こそ飛躍の年にしたい!稼ぎたい!という熱い気持ちの元、

これからアフィリエイトに参入しようと考えている方もいらっしゃると思います。

そこで、2018年もアフィリエイトで稼ぐことができるのかどうか、

ビジネスを3年以上経験してきた私が、内的要因と外的要因を踏まえて今回の記事では説明していきたいと思います。

この記事を参考に、アフィリエイトにどのような姿勢で取り組むべきなのか知っていただけたらと思います。

アフィリエイトで2018年も稼ぐことができるのか?

結論から申し上げますと、十分稼ぐことができると思います。

アフィリエイトにも様々な種類があり、

Twitterアフィリ、携帯アフィリなどかつて流行りましたが、

昔は稼げた分今はかなり稼ぎにくくなっているアフィリエイトも確かに存在します。

参入する人が増えて競合が増えたなど理由はありますが、

やはり時代の流れにより、既存のインフラの需要がなくなったという理由が一番大きいと思います。

私が取り掛かっているのは

トレンドアフィリエイト

サイトアフィリエイト

の2つがメインですが、

これらはインターネット上における集客、販売を基礎から習得し、しっかり稼ぐことができるので、

これからアフィリエイトを実践される方はまずはこれらを実践すべきであると思います。

マーケティングやライティングの基礎を学ぶという意味で、

流行り廃れしにくいビジネスモデルを実践したほうが長い目で見て将来良い結果が待っていると私は考えます。

私が仕入れた情報では、検索エンジンやEコマース(ネットショップ)、ニュースなどがFacebookなどのSNSでオールインワン化されるという噂もあります。

つまり、これまで必要な情報はgoogleで調べていましたが、Facebookから検索するという時代が来る可能性もあります。

仮にそうなったとしても、結局は検索するための手段が変わるだけであって、

キーワード選定やライティングなど必要な要素は変わりません。

ライティングの仕事も少なからず10年はくいっぱぐれない職業としても有名ですし、

アフィリエイトに限らず自分で何か情報発信する際に欠かせないスキルになります。

Facebook bot(メルマガ、LINE@のFacebookバージョン)上でのアフィリエイトや、

まだまだYoutubeアフィリエイトも廃れていないと思いますが、

王道はやはりサイトに一度誘導して、そこから広告をクリックしてもらったり商品を購入してもらうことです。

サイトを構築して商品、広告に誘導するためのマーケティングとライティングが欠かせないので、

その力が身に付きやすいトレンドアフィリやサイトアフィリを実践されるのが良いと思います。

 

トレンドアフィリエイトは2018年も稼げる?

まず、トレンドアフィリエイトに関しては、

時事ネタやニュースなど時代の変化に伴い常に新しいネタが量産され続けている限り、

狙える市場は存在し続けます。

 

 

サイトアフィリエイトに関しても、

時代の流れによって売れそうなものは常に現れます。

例えば、格安SIMが普及する前から格安SIMのアフィリエイト、情報発信サイトを構築した人は、今ではぼろ儲けしていると思われますが、

これもしっかり情報収集して先見の明を持っていて行動していたがある意味狙って得た結果で、ある意味必然なのです。

2017年を振り返ると、

2017年後期に爆発して話題になった仮想通貨、

個人的な先見性の考えですが、法改正による雇用の増加により求人系の情報発信の需要の増加など、

狙える市場はまだまだ存在しているという認識で私は考えています。

アフィリエイト全体の市場も現在右肩上がりで、

参入壁も低く実践しやすいビジネスモデルなので、

・将来自由に使えるお金と時間を獲得したい

・ネット上におけるマーケティングを学びたい

・自分の知識、経験を生かしてお金を稼ぎたい

という方はアフィリエイトに挑戦してみる価値はあると思います。

アフィリエイトで結果を出せば、一般的な労働とは比べ物にならないくらいのお金と時間が手に入りますし、

ネット上のマーケティング、集客のスキルが身に付くので、アフィリエイト以外の何かWEBサービスやホームページを立ち上げた際に、

どのようにお客様に認知してもらうかWEB上の戦略を立てるための一つの材料になります。

 

しかし、

・楽して稼ぎたい

・カフェを開業したいので、資金作りのために稼ぎたい

・何不自由ない未来を手に入れたい

 

という目的でアフィリエイトに参入されるのは違うかなと思います。

まず楽して稼ぐについてですが、

仕組みを構築してしまえば楽して稼げるのは確かに事実です。

自分が遊びにいっている間に何万とお金を稼ぐことは普通にあり得ることです。

しかし、その仕組みを構築するまでに相当な努力をしなければいけません。

とてもじゃないですが今の時代にアフィリエイトで一日数時間の作業で月収何十万というのは運がよくない限り現実的ではありません。

ビジネス経験が相当あって、センスが磨かれた人が参入すると現実的にあり得ると思いますが、

全くの初心者が取り掛かって楽して稼げるという甘い話はないので、そのような誤った情報を仕入れてしまっていた場合、その概念をゴミ箱に捨ててください。

 

次にカフェなど飲食店を開業するための資金稼ぎのためにアフィリエイトをしたいという場合は、

アフィリエイトを通じて、サイトに集客して、商品を成約させて、お金を稼ぐというプロセスを学ぶことはできますが、

カフェを開業したいという目標がある場合、本当にカフェをやりたいのであれば銀行から融資を受けてでもあるべき場合もあります。

ただ、小さいリスクで初めて、後に大きくしたいという場合はアフィリエイトから実践していただいてもオッケーだと思います。

ビジネスはスピード勝負的な要素がありますので、

立地やコンセプトを決めて事業計画書を作っても、

1、2年後ライバルに先に参入されて、

事業計画で練ったアイデアや仕入れた情報の意味をなさなくなる場合もあります。

また、アフィリエイトに参入して100%稼げるとは限りません。

多少のお金と時間と労力を失うというリスクも理解しなければいけません。

どっちのリスクをとるかはその人次第ですが、

カフェが今すぐやりたくてたまらないという人は融資を受けてでもやるべきですし、

カフェを改行するのはリスクだしアフィリエイトで集客、販売をしっかり学んで実践しお金を稼いで、

キャッシュポイントをしっかり作ってからカフェを開業したい

という場合にはアフィリエイトを実践すべきです。

個人的には資金がない人が将来カフェを開業したい場合、

後者のアフィリエイトに参入してからカフェを開業という流れが良いと思います。

もしくは、飲食業界でしばらく働いて貯金してフランチャイズで始めるという流れもありかと思います。

しかし、フランチャイズの場合自分オリジナルの店を開業したい目標がある場合はお勧めできません。

競合避止の契約など結ばされると思うので、オリジナルの店を開業したい場合はやはり自己資金を貯めるか作るか借りて創業するべきです。

一般的に飲食は儲からない業種で有名ですが、

2018年現時点で東京五輪の影響により海外客の増加が都内では見込めて需要のあることは間違いないですし、

近年では飲食と何か違う業種(飲食と農業、飲食とITなど)が融合して新たな市場価値を生み出すなど、

21世紀型の飲食が増え始めています。

アフィリエイトに特化をすると、

例えばコーヒーの知識、知恵、情報をSEOとライティングを意識してサイトを構築し、

サイトから自分の実店舗に誘導するO2Oマーケティングをしたり、

おすすめのコーヒー豆をアフィリエイト(ネット上で販売代行)をしてお金を稼ぐことも可能です。

稼ぎやすいからとダイエットや健康に特化したサイト構築も良いですが、

できるなら自分の興味があって強みの分野のサイトを構築したほうが長続きしますし将来につながります。

既存のコンテンツを組み合わせるという意味では、

ダイエットコーヒーとは?飲むだけで痩せるコーヒー

コーヒー豆は健康に良い?効果は?おすすめは?

など、コーヒーを軸とした場合様々なコンテンツを書くことができます。

 

そして最後に何不自由ない生活を手に入れたいという話ですが、

結局アフィリエイトはネットの仕組みに依存しているビジネスだということを理解しておいてください。

サイトアフィリエイトの場合、googleがアップデート(古い記事を下位表示させたり、よりユーザーにとって快適なコンテンツを提供するための大胆なアップデート)した場合、作成した記事が上位表示されなくなりアクセスが集まらず、結果稼げないということも大いにあり得ます。

トレンドアフィリエイトもサイトアフィリエイトと同様googleに依存したものですし、

Twitterアフィリエイトもかつては稼ぐことが出来ましたが今はインスタの時代で、Twitterはmixiと同様過疎化が少しずつ進んでいます。

結論、結果稼ぎ続けることができるのは変化できる人です。

過去の結果や成功にしがみついて変化を恐れる人もいますが、

残酷なほど時代の変化は著しいです。

10年前まで時代の最先端だった初代iphoneもガラパゴス化しています。

しかし、アフィリエイトというビジネスモデルが昔と比べてすぐ稼ぎにくくなったというのも事実です。

大学生がたったの数時間作業をしただけで月収何十万という時代もありましたが、

今その大学生はSNSやインターネットから姿を消し、今頃どういう生活を送っているのか分かりません。

たまたま運よくアフィリエイトで何十万というお金を手にし、

何もせず遊んで時間を浪費してしまい、時代の変化やgoogleのアップデートによりアフィリエイトで稼げなくなってしまい行き詰ってしまったという人もいるはずです。

 

アフィリエイトはインフォビジネスと呼ばれる分野で、つまり情報を商材にしています。

いかに有益な情報を掴むことができたかによって、稼げるか稼げないか決まります。

お金持ちも、情報にはお金を惜しみません。

情報をつかみ取りにいく姿勢を忘れずに、行動し続けてください。

 

まとめ

アフィリエイトは、あくまで手段です。

その先にあるゴールを見据えて、努力するようにしてください。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アフィリエイトにかかるお金は幾ら?期間は?時間は?稼ぐためにはどうしたら良い?

大学中退統合失調症ニートからアフィリエイトで自由を手に入れるまで

ダイレクトレスポンスマーケティングとは?ネットビジネスに必要不可欠なもの

大学中退後の進路は?就職か起業かフリーターかニートか?

ホワイトハックSEOとブラックハックSEOとは?違いやメリットをご紹介

A8.netの登録方法は?稼ぎ方は?セルフバックとは?報酬はいつ?