フェイスブックでインフルエンサーになろう!ブランディング編第一章

今回の記事では、Facebookを軸としたインフルエンサーになるための予備知識、方法についてご紹介します。

 

私は実際に何もない状態からビジネスの分野でFacebookで影響力を高め、
顧客を集客して営業代行したり、
JV(ジョイントベンチャー)のオファーがきて仕事したり、
アフィリエイトでお金を稼いだりと、
様々なチャンスが広がりました。

 

もしあなたが芸能系で影響力を高めたい場合、
実際にあなたのイベントに集客したり、
影響力が買われて芸能事務所から声がかかったり、
人生における選択肢が増えるかもしれません。

 

今回は、具体的にどのようなことを意識してFacebookを使いインフルエンサーになれるのか、ブランディングの観点から説明したいと思います。

 

是非知識をインプットしていただき、今後のあなたの活動に活かしていただければと思います。

Facebookでインフルエンサーになるには?

まず、Facebookはコミュニケーションツールであるということを理解してください。

 

人と人が関わり、その中で交際を続け、信頼性を築き上げいくものです。

 

つまり、Facebookで影響力を高めるとは、信頼性を高めていく作業だと思ってください。

 

そのためのツールとしてFacebookがあります。

 

これから教えるノウハウは、Facebookというツールをいじくって影響力を高めるのではなく、

 

人との関わりを持って影響力を高める方法です。

 

結局、いいね!やコメントをくれるのは人です。

 

たまに自動ツールを使っていいね!やコメントをしてくる人がいますが、誰に対しても同じアクションをするので一発でばれます。

 

このように楽しようとして、意味のない交流を図ろうとする人は嫌われますので、ご注意ください。

 

それでは、Facebookでインフルエンサーになるには?ブランディング編の本章へ移りたいと思います。

0章 計画を練る

まずは、どの分野で影響力を高めるか?どんなフォロワー、友達、いいね!が欲しいか決める必要があります。

 

闇雲に情報発信して、適当にフォロワー、友達を増やしても、軸がしっかり定まってないと、何をしたい人なのか相手に伝わりません。

 

ただ自己満足で自分のキャラクターを知ってもらいたいのであれば良いのですが、
ある分野の特化したインフルエンサーになるには、戦略が必要です。

 

何か大きな夢、目標を掲げる時、まず一番大切なのが戦略です。

 

ゴールを決め、そこから逆算し細分化し、今何をすべきか決める。

 

このプロセスがあって、始めて自分のやるべきことが見えてきます。

 

これを怠ってしまうと、ゴールもコースもないマラソンをただ走ってるだけになってしまい、結果的に体力、気力が無くなり挫折してしまいます。

 

まずはどの分野でインフルエンサーになるか決めて、
次にどの属性のフォロワー、友達を獲得したいか考えていきましょう。

 

分野 変顔でマジックする独自のマジシャンとしてインフルエンサーになりたい!

 

目的 路上、イベントの集客をしたい、グッズを売りたい

 

獲得したい友達、フォロワー 面白いものが好きな人、マジックが好きな人、自分の拠点界隈の人

 

友達、フォロワーの獲得方法 ライバルのマジシャン?お笑い芸人?自分の拠点に通勤、通学、在住している人?

 

Facebookでブランディングをしよう

Facebookにおけるブランディングとは、
あなたのFacebookにアクセスした時に、
一目で何をしている人か分かるような状態にすることです。

 

あなたから友達申請して、された相手があなたが誰か確認するときに、
どのような人なのか分かる状態にするというのがベターです。

 

そのような状態にするには、何を意識すればよいのでしょうか?

 

1、ブランディングネームを考える

 

まずはブランディングネームを考えましょう。

 

ブランディングネームとは、あなたの看板にあたる部分で、
キャッチコピーと類似していると思っていただいていいです。

 

私のこのサイト場合、「アフィリエイトで稼いだ」という軸を元に、
自身が統合失調症大学中退ニートだったという経歴があるので、
それらをミックスさせて自分のブランディングネームを考えました。

 

このようにすることによって、
「この人は大学中退統合失調症ニートの状態からアフィリエイトというビジネスに参入したんだな」
ということが分かるようになっています。

 

しかしこれはあくまでブログのブランディングネームであり、
Facebook始めSNSでは短くてインパクトがあるネーミングが望ましいです。

 

先ほどの例で例えると、
変顔でマジックをするマジシャンが自身のブランディングネームを考えとうと思った場合、

唯一無二の変顔マジシャン ○○←アーティスト名や、

マジック界の般若顔 ○○←アーティスト名など、

興味を持ってもらえそうな名前で作るのがコツです。

 

あなたにピッタリなブランディングネームを考え、
今度はFacebookのバナーの画像にブランディングネームを挿入しましょう。

 

フリーソフト、フリーアプリを使い、画像に簡単に文字を挿入することができます。

2、プロフィールを作成する

次にあなたのプロフィールを作成しましょう。

 

facebookは実名制で、できれば実名で登録したほうが良いのですが、
本名を出したくない場合は仮名でも大丈夫です。

 

キャラクターの設定上出身地、年齢、誕生日、出身校等伏せたい場合は伏せてオッケーですが、
できるだけこれらも公表したほうが良いでしょう。

 

出身地が同じ、誕生日が同じというだけで横のつながりが増えますし、個人の情報を記載されているだけでも信頼度が上がります。

 

なので、極力自分を開示するようにしましょう。

 

最後に、Facebookのトップページには自己紹介を入力する項目があります。

 

この自己紹介には、簡潔にあなたがどのような人物で、何を発信したいか考え、記入しましょう。

3、アカウントを作成し、投稿する

アカウント作成用にメールアドレス、パスワードを用意していただき、
ブランディングネーム決めメイン画面、ヘッダー画像も用意し、
プロフィールに個人の情報を入力したらアカウントが完成です。

 

そして、ついに投稿を始めるのですが、
第一弾の投稿では、どんと自分の目標を書いてしまってください。

 

月収100万稼ぐ

日本一の大道芸人になる

 

なんでも結構です。

 

より具体的であることが望ましいです。

 

しかし、私がこういうこというのもあれですが、
目標を達成することを目的で目標を書くのではありません。

 

目標を達成するための過程、つまりストーリーを知ってもらうことが大切なのです。

 

目標を達成できなかったらどうしよう、と悩むかたもいらっしゃると思いますが、
達成できなかったら罰せられるわけでもないですし、嫌われるわけでもありません。

 

ほとんど友達がいない状態で投稿しても、過去を遡れば投稿が見れますが、ほとんど後から見られることはありません。

 

あくまで自己満足に近いです。

 

目標を書く、つまり旗揚げすることにより、
あなたに共感した人がファンになりやすい、
ビジネスパートナーになりやすい、
リアリティーが増すなど様々な利点があります。

 

率先して目標を書くようにしましょう。

 

あと、注意点なのですが、投稿される際は必ず画像付きにしてください。

 

視覚的に見られやすい、伝わりやすいなど理由があるからです。

 

これらを意識して投稿してみてくださいね。

4、友達申請

Facebookアカウントを作って、記事を投稿するだけでは、ど田舎で飲食店をオープンしたような状態なので、なかなか人が集まりません。

 

そのような状態の中、自分のサービスを知ってもらうために行わなければいけないのは友達申請、飲食店で例えるとビラ配りですが、
リアルとネットでは違う点があります。

 

WEB、つまり友達申請では、ネットの情報を元に属性のあった人をターゲティングしてアプローチすることが出来るのですが、
リアルではリスト(顧客名簿)がない限り、属性のあった人にアプローチすることは難しいです。

 

ここがネット集客の特徴で、ただ手軽に低コストで集客できるだけではなく、属性にあった人を集客できるという利点があります。

 

なので、集客力、影響力を高めようと思った場合、WEB上のほうが拡散力、伝達力含めリアルより優れているのです。

 

そのような理由で、WEB上で人を集める必要があるのです。

 

そのためのツールとしてFacebookを利用するのです。

 

話を戻しまして、Facebookで友達申請を積極的にすることによって、
友達申請された側は「誰だこの人?」と気になりあなたのFacebookにアクセスし、
あなたのFacebookに価値があると感じた場合、友達になってくれます。

 

しかし、属性が違ったり、あなたのFacebookのブランディングが上手くいってない場合、友達になってくれません。

 

つまり、正しいマーケティングであなたの顧客、ファンを獲得する必要があります。

 

そのためにどうしたらいいかと言いますと、
まずはリサーチが必要です。

 

何を調べるかというと、
あなたが獲得したいファン、友達が沢山いる既存のFacebookアカウントです。

 

先ほどの変顔マジシャンの例で例えると、

 

面白いことが好き→面白い画像、情報を取扱っているFacebookページ

マジシャン→ライバルのマジシャンのアカウント

自分の拠点→場所をタグ付けされた投稿

 

などといった風に、獲得したい友達、ファンがどこにいるかリサーチしてみます。

 

ある程度ピックアップしたら、次はアカウント、投稿者の友達リストに友達をする・・・のではありません。

 

友達申請すべき人は、アカウント、投稿に対して超いいね!を押している人です。

 

何故かというと、普通のいいね!ではなく超いいね!をする人は、わざわざ僅かな時間ですが、いいね!ボタンを押してさらに超いいね!を選んでいるので、
いいね!に関してアクティブなユーザーが多い可能性が高いからです。

 

いいね!を押してくれることにより、
あなたのコンテンツが拡散されたり、
いいね!が沢山ついている=人気者、コンテンツに価値があるというブランディングにもなりますので、
そのために率先して友達申請し、有益ないいね!を貰えるようにしましょう。

5、コメント周り

友達申請をして、友達が増えていくと投稿が見れるようになります。

 

コメント周りとは、言葉の通り、一通りの投稿にコメントをして周るのですが、
地道な作業で結構精神的苦痛かもしれません。

 

しかし、よりいいね!やコメントを貰う上で非常に重要な役割を果たします。

 

Facebookには独自のエッジランクというものがあります。

 

Facebookがニュースフィードにあなたの投稿を載せるかどうかの基準のランクですね。

 

エッジランクの基準は普段からコミュニケーションを取っているかどうかです。

 

つまり、普段からコメントなどで交流しているほうが、あなたの投稿が相手の媒体に上位表示されやすいということです。

 

また、コメントをされたり、いいね!されることで、よりエッジランクを上げることができます。

 

昔はエッジランクにより友達追加に制限がかかるなどありましたが、現在は制限がなくなりました。

 

だからといってコメント周り、いいね!周りをしなくていいというわけではありません。

 

あなたの投稿をニュースフィードに上位表示させるためにも、日頃からのコメント周り、いいね!周りは重要なのです。

まとめ

今回はFacebookでインフルエンサーになる概要についてまとめてみましたが、いかがでしょうか?

 

私がアフィリエイトで稼いで、インフルエンサーについて書いている理由も、私の弱みでもある「大学中退統合失調症ニート」という経歴を利用して、影響力を高めたいと思っているからです。

 

インフルエンサーマーケティングはアフィリエイトにも応用出来ますし、他の芸能活動や独立などにも応用できます。

 

今のあなたのスキルが木だとすると、マインドセットが根っこで、このインフルエンサーの技術が枝となり、日々の投稿=葉っぱとなり、一つの立派な新樹が完成します。

 

このブログでは総合的なことをお話させていただきますが、今回は重要な要素の一部分であるインフルエンサーについてお話させていただきました。

 

より詳しい詳細を知りたいかたはコメント欄から受け付けますので、どしどし投稿してください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アフィリエイトにインフルエンサーマーケティングを活用しよう