Lazy Loadでサイト、LPの表示速度改善へ!導入・設定方法を解説

 

画像量の多いWebページは、そのページを読み込む際にすべての画像をサーバーからダウンロードします。

 

画像のデータが大きければ大きいほど、当然読み込み時間は長くなっていきます。

 

アフィリエイトサイトなどでLP(ランディングページ)を作成していると、その多くの場合で画像データが大きくなります。

このような長い読み込み時間は、訪問者の離脱率を高めてしまう要因にもなりかねません。

 

この問題を解決するプラグインが、『Lazy Load』です。

Lazy Loadの特徴

 

Lazy Loadが具体的に何をするのかというと、

 

  • 画像の読み込みを一部のみにする

 

ということです。

 

冒頭で述べたように、通常は1つのページに貼られている画像は読み込み時にすべてダウンロードされるようになっています。

 

これを、「訪問者がスクロールして、画像のある位置に来た時だけ画像を表示する」という風に変えるのです。

 

こうすることでサイトの表示速度・読み込み速度が向上します。

 

サイトの表示速度・読み込み速度は訪問者の離脱防止に大きく貢献してくれますから、画像が多い記事やLPを抱えている方は是非導入してみましょう。

Lazy Loadの導入方法

 

Lazy Loadの導入はWordPress管理画面左メニューバーから行います。

 

「プラグイン」「新規追加」をクリックします。

 

 

プラグインの検索窓に“Lazy Load”と入力するとプラグインが表示されるので、「今すぐインストール」をクリックします。

 

 

インストール終了後は「有効化」を忘れずに行いましょう。

 

Lazy Loadの設定方法

 

Lazy Loadの設定は、ほんの少しだけコードを編集します。

 

管理画面左メニューバーから「プラグイン」「プラグインの編集」をクリックしてください。

 

 

「編集するプラグインを選択」のドロップダウンメニューから「Lazy Load」を選択します。

 

 

画面右側の「プラグインファイル」とある項目の中から、赤枠内の「lazy-load/js/lazy-load.js」をクリックします。

 

 

ここで、コード赤枠内の200という数字を、400に変えます。

 

 

これは画像の読み込み対象に関する設定で、これを200から400にすると画像の読み込みに余裕を持たせることができ、ユーザー側に違和感を与えません。

まとめ

 

Lazy Loadを使用すると非常に簡単な設定で、サイトの読み込み速度を向上させることができます。

とても有用なプラグインですので、導入をお勧めします。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Yoast SEOはRSS Footerの完全上位互換!記事の盗作を防ぐプラグイ...

Wordpressの作成中の記事復元方法は?リビジョンを使おう

NO IMAGE

Disable Post Revisionでいらないリビジョンを削除!データをス...

brBrbrは2017年版WordPressに不適?スマホで改行されない?

EWWW Image Optimizerの使い方・設定方法!【2017~2018...

Contact Form 7の使い方、設定方法を徹底解説!