PS Auto Sitemapの使い方、カスタマイズ方法を徹底解説!

 

アフィリエイトサイトを運営する際に欠かせないのは、「サイトマップ」

サイトマップは、サイトに来てくれる人に向けたサイトマップと、ネット上を巡回している検索ロボット「クローラー」に向けたサイトマップの二種類があります。

 

「クローラー」とは何か、クローラー向けサイトマップとは何かを解説した記事がありますので、もし知りたいという方は以下のリンクからご閲覧ください。

wordpress3
こんにちは。 サイトアフィリエイトにおける記事を書くときに一番利用されているのは「WordPress」でしょう。 実際にこの...
今回は、「サイトに来てくれる人向けのサイトマップ(HTMLサイトマップ)」に焦点を当ててご紹介します。

 

HTMLサイトマップって?

 

HTMLサイトマップは、そのサイトの「目次」の役割をします。

 

例として、NTTdocomoのHTMLサイトマップを見てみましょう。

sitemap

このように、サイト内にあるコンテンツをカテゴリーごとに分かりやすく表示していますね。

 

もしこのような「目次」がないと、見に来てくれた人が目的の記事を探すのに大変な手間をかけさせてしまいます。

 

すると当然、「めんどくさいから他ののサイトで調べよ・・・。」と思って自分のサイトを離れてしまうわけです。

こうなると自分のサイトを再来訪してもらえる可能性も低くなりますよね。

 

また、ブログ等の投稿は新しいものが上位に表示され、過去の記事はどんどん後ろの方に追いやられていきます。

 

するとユーザーが過去の記事を見る機会が減っていってしまいます。

 

以上のような理由から、ユーザー向けのHTMLサイトマップというのは非常に大切だということが分かります。

 

しかし、ここで一つ問題があります。

 

ブログやアフィリエイトサイトはかなりの頻度で記事を更新していきますが、1記事書くたびに手作業でサイトマップに結び付けていると大変な時間がかかってしまうのです。

 

この問題を解決するのに非常に便利なのが、「PS Auto Sitemap」というプラグインです。

 

PS Auto Sitemapってどんなプラグインなの?

 

PS Auto Sitemap、WordPressで利用できるHTMLサイトマップを「自動で」作成してくれるプラグインです。

 

なんといってもこのプラグインの利点はサイトマップの作成が「自動化」されているということ。

新しい記事を更新すると、すぐにサイトマップ上の同カテゴリー内に追加してくれるため、余計な手間が一切かからないようになります。

 

加えて、このプラグインは日本語に対応しているのでインストールから設定までカンタンに行えます。

 

利用して損することは一切ありませんので、導入していない方はぜひこの機会に導入しましょう。

 

PS Auto Sitemapのインストール方法

 

PS Auto Sitemapのインストールは、WordPressの管理画面から行うことができます。

 

まず、「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

tiny

 

すると「プラグインの検索」と書かれたプラグイン検索用の窓があるので、ここに“PS Auto Sitemaps”と入力します。

ps auto

先頭に「PS Auto Sitemap」プラグインが表示されるので、「今すぐインストール」をクリックします。

 

インストールが終了したら、「有効化」をクリックしてプラグインを有効にします。

ps auto2

これでPS Auto Sitemapのインストールは完了です。

 

 

PS Auto Sitemapsの設定方法

 

インストールが終了したら、次は設定に移ります。

 

 

1.サイトマップを表示する記事を作成

 

まずは、サイトマップを表示するための記事を作る必要があります。

 

注意する点として、通常記事を書く「投稿」ではなく「固定ページ」で作成しなければなりません。

 

初めに、管理画面の左メニューバーから「固定ページ」→「新規追加」をクリックします。

ps auto16

するとこのような画面が表示されます。

 

ps auto4

 

通常の投稿画面とあまり変わりませんね。

 

 

a.記述モードを変更

まずは「ビジュアル」「テキスト」の選択ボタンを「テキスト」(画面右側の赤枠)にしましょう。

ps auto4

 

b.タイトル・URLの設定

次に、タイトルとURLを設定します。

 

ps auto5-2

 

今回は例としてタイトルを「サイトマップ」、URLを「sitemap」として制作しました。

 

 

c.コードの設定

タイトル、URLの設定が完了したら、本文欄に以下のコードを入力します。コピー&ペーストでOKです。

 

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

 

ちなみに、後程解説する「PS Auto Sitemap」の設定画面の一番下にもこれと同じコードが記載されているので、それを利用してもOKです。

ps auto5

 

 

d.URLのID(数字)をメモ

タイトル・URLとコードの設定が終わったら、「公開」ボタンを押して公開しましょう。

その後、画面上部のURL欄を見てください。

ps auto6

私のURLは

https://・・・/post.php?post=141&action=edit

となっていますね。

 

このうち、画像の赤枠内で示した数字をメモなどして覚えておいてください。

ps auto6

 

私の場合は141ですね。

 

この数字は次項で説明する「PS Auto Sitemap」にて必要になります。

 

 

2.PS Auto Sitemapの設定

 

ここからはサイトマップの見栄えやリンクの設定などを行います。

とは言ってもほぼデフォルトのまま使えますので、大掛かりな設定変更は必要ありません。

 

まずは画面左メニューバーから「設定」→「PS Auto Sitemap」をクリックします。

ps auto17

するとこのような設定画面が表示されます。

 

ps auto9

 

では、a.~e.までの設定項目について一つ一つ解説していきます。

 

 

a.リンクの設定

ps auto9-1

赤枠内できかれているのは、

 

「ホームページのリンクを載せますか?」

「投稿した記事のリンクを載せますか?」

「固定ページ(プライバシーポリシーやプロフィールなど)のリンクを載せますか?」

 

ということです。

ちょっとわかりにくいと思うので、私のサイトのサイトマップで実験してみましょう。

 

「全ての項目にチェックマークを入れた場合」はこのように表示されます。

 

ps auto10

 

ではまず「ホームページの出力」のチェックを外した場合。

 

ps auto11

 

赤色で示した部分(ホームページへのリンク)が消えましたね。

 

 

次に「投稿リストの出力」のチェックを外した場合。

 

ps auto12

 

矢印で示した記事の部分が丸ごと消えました。

 

 

最後に、「固定ページリストの出力」のチェックを外した場合です。

 

ps auto13

 

矢印で示した「プライバシーポリシー」や「お問い合わせ」、「トップページ」など固定ページが消えましたね。

 

サイトマップの一番の目的は投稿した記事を見やすくするということですから、投稿記事のリンクを消してしまうと元も子もありません。

またプロフィールやプライバシーポリシーなどもすぐに飛べた方が便利なので、固定ページへのリンクは残しておくといいでしょう。

 

ただ、ホームページへのリンクはあってもなくてもあまり変わりません。

見栄えが良くないなと思ったら「ホームページへの出力」のチェックは外しても大丈夫です。

 

 

 

b.サイトマップを表示する記事を指定/出力の詳細設定

 

ps auto9-2

 

黄色の枠ではまずサイトマップを表示する記事を指定します。

先ほどメモしていただいた自身のURLの数字を確認し「※サイトマップを表示する記事のIDを入力してください」とある空欄に入力します。

 

次に「出力階層制限」ですが、これはカテゴリーが非常に多く、階層化されている場合にのみ使います。

 

例えば勉強系のブログで、「勉強の仕方」という大きなカテゴリーがあったとします。

この下につくカテゴリーには「国語」「英語」「数学」「理科」「社会」「副教科」があります。

さらに「国語」の中には「現代文」「古文」「漢文」があり、数学には「数学1A」「数学2B」「数学3」があり・・・・

 

このように非常に多数のカテゴリーがある場合それをすべて表示してしまうとかえって分かりにくくなることがあります。

 

そういった場合にこの「階層制限」を設定すると、今回の例では「教科のカテゴリーまで表示する」というような設定ができるのです。

 

出力階層制限の下にある「先に出力するリスト」の2択欄は、私のサイトマップでいうと「プライバシーポリシー」や「プロフィール」を上に表示するか、下に表示するかを決めるものです。

 

カテゴリーと投稿の表示の設定欄では、カテゴリー内にある記事まで全てを1ページにおさめるか、カテゴリーのリンクをクリックしたら別ページで記事のみ表示するかを決められます(画像参照)。

 

 

c.除外するカテゴリー/記事を指定

 

ps auto9-3

 

緑色の枠ではサイトマップに乗せたくないカテゴリーや記事を選択することができます。

しかしほとんどの場合除外カテゴリや除外記事は設定する必要がないので、基本ノータッチでOKです。

 

 

 

d.スタイルをお好みで変更

 

ps auto9-4

 

青色の枠はサイトマップをおしゃれに変更することができる設定欄です。

「シンプル」「音符「アーバン」など様々な種類がありますので、それぞれ試して気に入ったものを選んでください。

もちろん「スタイルなし」のままでも大丈夫ですよ。

 

 

 

e.キャッシュの使用

 

ps auto9-5

 

紫色の枠は過去に取得したキャッシュを利用して、表示するスピードを向上させるかどうかを決められる設定項目です。

特にこだわりがなければデフォルトのままで大丈夫です。

 

 

以上a.b.c.d.e.を設定し終わったら、「変更を保存」をクリックして設定を完了しましょう。

 

 

まとめ

PS Auto Sitemapsはとても簡単かつ手軽に導入できる優秀なサイトマップ作成プラグインです。

導入していない場合は是非導入してみましょう。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

image

サーバーのおすすめの種類は?選び方をご紹介

定型文を自動挿入!Bottom of Every Post

wordpress-plugin

WordPressに入れておきたい!おすすめプラグインをレベル・系統別で紹介

Speech Bubbleで記事に遊び心!?記事をLINE風会話形式に出来る

WordPressでFacebookページを表示するPage Plugin

Broken Link CheckerでWordpressのリンク切れをチェック...